おやき 長野いろは堂
カートを見る
 

7/6(木) - 7/24(月) 塩島千典 『写真?・捨真?・斜心? 塩島千典展』(現代美術)

塩島千典

白馬村在住の写真家・塩島千典さんの個展。
見慣れた日常に潜む異界性を浮き彫りにしてきた魔術的な写真家が、
いよいよ写真の枠を超え、現実の世界に異界的光景を作り出すユニークな個展です。
特設展示として、来場者も作品作りに参加できるトライアルコーナーと、
絵画とは異なる印刷物のスペシフィシティである物性的な軽さを体感する「新聞紙の間」があります。
平面から立体、光まで、さまざまな媒体で表現された作品世界をお楽しみください。

* サブギャラリーで同時開催の展示があります

サブギャラリーの展示


1998年舞踏家の山田奈々子氏と出会い現代舞踏の舞台写真を撮り始める。
1999年構想の実現に向け野生の植物を撮り始める。以後「風流れ 時流れ 人の舞う」、「Fantasia Botanica」の二つのシリーズとして撮影中。
その後薔薇をテーマに「Fantasia de Rosa」が加わる。
2000年松本市井上で個展。その後、個展を松本市、安曇野市、大町市で開催。
2010年〜ギャラリー鬼無里にて個展。

作品

【サブギャラリー展】

篠田明子作陶展 〜お気に入りと日常を慈しむ〜 6/29(木) - 7/31(土) 休館日:火曜日・7/5(水)

篠田明子

雄大な北アルプスを眼前に望む安曇野にて、四季を五感で感じつつ作陶する。 染付けの人間国宝、京都美術大学学長を務めた祖父・近藤悠三、日本工芸会正会員で長野県芸術文化功労者表彰された父・篠田義一の陶技を伝承し、新たな創作に向けて日々さらに練磨を続けている。

1962年松本市生まれ
1681年松本深志高校33回卒
父 篠田義一に師事 陶芸を志す
1987年朝日陶芸展にて新人陶芸賞受賞
1991年朝日陶芸展新人奨励賞受賞
1992年長野県工芸展奨励賞受賞
1996年池田町に「会染窯」築窯
ながの東急シェルシェにて父子4人展
1999年松本井上百貨店にて父子4人展
池袋西武百貨店にて父子4人展
2002年伊那市はら美術にて作陶20周年個展
2008年伊那市はら美術にて個展
2015年長野県工芸展SBC信越放送賞受賞

Tel. 0120-168-041
AM8:30 - PM5:30 火曜定休
5・8・10月は不定休